クラシックギター/クラック修理

posted in: タイプ | 0

クラシックギターのボディクラックの修理をご依頼いただきました。ブリッジとサウンドホールの間にクラックがあり、その影響でボディのドーミング(膨らみ)とブリッジ浮きも発生していました。クラック補修とボディ補正、同時にブリッジも正しい位置に戻してしっかりと使える状態に復活です。今回は塗装なしのご要望でしたので表面処理はしておりませんがサウンド的にはしっかりと鳴るようになりました。アコギやクラシックギターはちょっとした衝撃でクラックが入ってしまうことがあります。そのままにしておくと広がってしまい、修復不可能になることもありますので小さなものでもまずはご相談ください。

タイプ:クラシックギター

ブランド:

症状:ボディ割れ,ブリッジ浮き,ボディドーミング

作業内容:クラック修理,ブリッジ修正,ボディ修正,セットアップ

Leave a Reply